てんかん外来

てんかんとは


てんかんとはまれな疾患と思われるかもしれませんが、有病率は、100人におよそ0.8~1人で小児、高齢者多い傾向を示します。つまり100名のクラスに1人はいるというこでので、非常にありふれた病気です。てんかんの原因は大脳の神経細胞が何らかの原因によって過剰興奮を起こし、様々な症状をだします。原因としては出生時の脳損傷、脳炎、頭部外傷、脳卒中、脳腫瘍などがてんかんの原因になりえます。また、最近はこれらの原因にはない高齢者てんかんも注目されています。

症状


てんかんは「泡を吹いて、倒れてけいれんする」「突然倒れる」といったイメージが強いように思います。しかし、症状は人により様々です。「ぼーっとする」、「口をくちゃくちゃする」、「手をまさぐる」、「手が勝手にぴくっとして物を落とす」などもてんかんの症状になります。

診断


てんかんの診断は、繰り返す発作があることで診断されます。しかし先に述べたように発作がてんかんによるものかどうかを診断するには時に難しいことがあります。外来では、詳細な問診、脳波、MRIを行い診断します。自分の症状がてんかんの症状かどうか、不安な場合にはスマ―トフォンなどで周囲の方がビデオで記録していただける診断に非常に有用です。

治療


治療はまず生活のリズムを整えることと薬物治療になります。
難治性てんかんあれば手術治療が必要な場合もありますので、専門の医療機関を紹介させていただきます。

公費制度


恩田メディカルプラザは自立支援医療機関です。自立支援医療が受けれる方は当院で治療継続することが可能です。自立支援医療(精神通院医療)は、精神疾患(てんかんを含みます)で、通 院による精神医療を続ける必要がある病状の方に、通院のための医療費の自己 負担を軽減するものです。  一般の方であれば公的医療保険で3割の医療費を負担しているところを 1割に軽減します。 (例:かかった医療費が 7,000 円、医療保険による自己負担が 2,100 円の 場合、本制度による自己負担を 700 円に軽減します。)手続き・申請は市区町村の担当窓口で行ってください。