医療機関の先生方へ

MRI検査依頼のご案内


MRIは現在の医療現場においてなくてはならない検査です。

大学病院などではMRIを取るために3か月先といったことが日常茶飯事で、それにより診断・治療の遅れが生じることは患者さんにとって不利益でしかありません。 そういった状況を改善する為に地域先生方に恩田メディカルプラザの最新1.5T(テスラ)MRIをご利用いただき、日常の診療の補助にしていただきたい思っております。

 

画像はとっても判読に難渋されることもあるかと思います。

恩田メディカルプラザでは放射線診断専門医が読影し、レポートを作成します。レポートとCDでデータを紹介元の先生のところへお返しさせていただいております。

 

検査は即日対応で検査を行いますが、混雑時にはお待ちいただく場合がございますので、あらかじめご予約いただくとスムーズに検査が行えます。

造影MRIを希望される場合は、腎臓機能検査の結果や薬剤の確認を行うため事前にご連絡ください。

 

MRIの適応などご不明な場合でも、ご紹介いただければ適切なMRI検査を施行し、読影レポートとともに紹介元の先生へお返しさせていただきます。

依頼方法


1.お電話をください

 患者さんをご紹介いただくに際にご用意いただくのはフォーマットは問いませんので、当院宛の診療情報提供書をお願いします。

(必要であれば以下のボタンよりPDFをダウンロードしお使いください。)

 

 原則当日検査を行うよう心がけておりますが、先の患者さんがいる場合はお待ちいただくこともあります。患者さんの時間を無駄にしないためにお電話をいただき、混雑具合など聞いていただき、ご来院もしくはご予約していただけばと思います。

 

造影MRIをご希望の際は事前にご一報くだされば幸いです。

 

予約日に保険証と診療情報提供書(持参の場合)をご準備の上、患者様にご来院いただきます。

. 読影結果は後日郵送いたします

読影結果は放射線診断専門医の読影レポートを郵送致します。結果はおおむね1週間程度で紹介いただきました先生のもとにお届けします。

画像診断体制


恩田メディカルプラザの画像診断は放射線診断専門医と脳神経外科専門医の院長でのダブルチェック体制を行っております。

 

恩田メディカルプラザでは患者さんの画像診断に万が一があってはいけないので、放射線診断専門医とのダブルチェックとともに脳MRI画像では、都内初導入のAI(人工知能)によるトリプルチェックを行っております。

放射線診断専門医とは


 最初の5年間に放射線医学(画像診断、IVR、核医学、放射線治療)を研修し、その後専門医試験に合格することで、放射線科専門医の資格を得ることが可能です。さらにその後、2年間の画像診断の専門研修を行い、難関な認定試験に合格した医師が放射線科診断専門医となります。放射線診断専門医は平成25年時点で全国で5000名程度しかいない画像診断のスペシャリストです。

ご注意ください


巷に「読影専門医」という用語を使う医療施設がありますが、そのような専門医は存在しません。読影を専門に担当する医師として専門医師ということ用語を使用されている医療施設もございます。しお手元に、どちらかで行われた画像検査の結果表がおありであればどの医師が読影しているかをぜひご確認し、放射線診断専門医かどうかを確認してみてください。放射線診断専門医は以下のURLに公表されております。 

≪放射線診断専門医一覧≫

http://www.radiology.jp/specialist/list_s_ta.html