アレルゲン舌下免疫療法


スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。アレルゲン免疫療法は、100年以上も前から行われている治療法です。主には、アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。

「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが保険診療で治療を受けることができます。

期待できる効果


長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

 

対象年齢:5歳~

副作用


  • 口の中の副作用
    (口内炎や舌の下の腫れ、口の中の腫れ、
    かゆみ、不快感など)
  • 唇の腫れ
  • 咽喉(のど)のかゆみ、刺激感、不快感
  • 耳のかゆみ
  • 頭痛

など

重大な副作用

  • ショック
  • アナフィラキシー
治療に対する正しい理解が必要です。

※アナフィラキシー
医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁など)がみられる

治療までのフローチャート


 治療を始める前に、医師の問診と抗原検査により、原因を特定することが大切です。医師の問診では、症状の出る時期やその程度、他のアレルギーの病気はあるかなどを確認し、アレルギー性鼻炎か、その他の疾患かを判断します。さらに、「血清抗体検査」または「皮膚反応テスト」のいずれかの抗原検査でアレルゲンを特定します。当院では血液検査にて原因とされるアレルゲンを特定していきます。

1.血液検査

2.検査結果後、それを基に「スギ」もしくは「ダニ」によるアレルギーであることを確認し舌下免疫療法を開始

治療開始時期


スギ花粉症の「アレルゲン」は「スギ花粉」であり、スギ花粉が飛んでいる時期(1月から4月まで)はアレルゲンに対する体の反応性が過敏になっています。そのため、スギ花粉症の場合は、スギ花粉が飛んでいる時期は治療を新たに開始することはできません。スギ花粉が飛んでいない時期に治療を開始します。治療開始時期については、医師とご相談ください。


一方、ニアレルギー性鼻炎の場合は時期に関わらず治療は始められます。

治療期間


少しずつアレルゲン(スギ花粉やダニ)を投与し、からだをアレルゲン(スギ花粉やダニ)に慣らすことからはじめ、数年にわたり継続して服用します(3年以上推奨)。そのため、月に一度程度の定期的な受診が重要です。

費用


3割負担の方で1か月薬代として1000円程度です。

(通常の診察料・検査料等は含みません。)

舌下免疫療法紹介ムービー


①スギ花粉による場合

②通年性アレルギー性鼻炎(ハウスダスト・ダニ)