男性不妊脳ドック


男性不妊と脳ドックがどうかかわるのか、少し疑問を思うかもしれません。

不妊の原因別に女性に原因のある不妊、男性に原因のある不妊といいます。

一般に不妊症と言うと女性に原因があると思われがちですが、実際のところ不妊症の48%は男性が関与していることがWHOの調査で分かっています。(男性のみ24%、男女両方24%、女性のみ41%、不明11%)

 

男性不妊症の原因は、以下の3つに分類されます。

①精子を作る力が低下 ②勃起や射精ができない ③精子の通り道が詰まっている

 

これらに大きくかかわるのが、ホルモンです。ホルモンの中でも特にLH(黄体形成ホルモン:精巣から男性ホルモン(テストステロン)を分泌する命令するホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン:精巣から精子を作り出す命令するホルモン)、PRL(プロラクチン:乳汁分泌ホルモン、これが上昇するとEDや不妊症の原因となるホルモン)が重要な役割を果たしています。

 

そのホルモンをコントロールしているのが下垂体という臓器です。

 

下垂体は 重さは1gもない小さな臓器です。鼻の奥のほうにある下垂体という小さな臓器がコントロールしています。

 

男性不妊脳ドックでは、その下垂体を詳細にチェックします。

当院独自の下垂体に特化した画像プロトコールで、MRIを撮影し、下垂体に解剖学的な異常がないかや、腫瘍や嚢胞の有無をチェックします。

検査・費用


男性不妊MRI検査:33000円(税込)

下垂体ホルモン検査:22000円(税込)・・・採血検査