脳ドック・脳MRI健診

なぜ、脳ドックが必要なのか?


 脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)はある日突然、前兆もなく発症します。 くも膜下出血の原因の多くは脳動脈瘤です。脳動脈瘤の多くは症状がありません。  成人の2-6%(100人に数人)に脳動脈瘤が発見されており、そのきっかけは「たまたま脳ドックをうけて見つかる」場合がほとんどです。 脳動脈瘤のできる理由は明らかになっていませんが、高血圧や血流分布の異常などの血管壁へのストレスや喫煙、遺伝などによる動脈壁の脆弱性に関連すると考えられています。  しかし脳動脈瘤が破裂し、くも膜下出血になった場合は1/3の方が死亡、他の1/3の方が何らかの障害(マヒ、意識障害、失語など)を残すことが知られています。そのため自分に脳動脈瘤があるかどうかをチェックすることはこれから先の人生を考えるうえで重要なことだと思います。 脳卒中(くも膜下出血や脳出血、脳梗塞)を発症すると介護が必要になることがほとんどです。脳卒中が発症する前に予防すること、または早期にそのリスクをしり、対処できるものであれば対処することが最も重要です。「何も症状がない」、「若いし」とそう思わずにまずは自分の脳の状態を見てみることからお勧めします。脳ドックを受けて脳動脈瘤が自分にあるということを気づくことで様々な対処が可能です。   

*症状(頭痛やもの忘れ、めまいなど)がある方は通常保険診療になります。


こういう方にオススメです


40歳以上の方

生活習慣病の方(高血圧、糖尿病、高脂血症)

がん・生活習慣病・脳疾患等を早期に発見したい方

ご家族や血縁者にくも膜下出血など脳疾患がある方

ご夫婦での定期的な脳の状態確認したい方

今は異常がないが脳卒中やがんが不安な方

受診後のフォローアップ体制のある医療機関で受けたい方

専門医による精度の高い検査を受けたい方

脳ドックを受診したことがない方や定期的に受診したい方

脳の病気が心配な方

脳梗塞などの脳の病気が気になる方

撮影内容


  T1,T2,FLAIR,DWI,T2*,MRA,頸部MRA

料金


17000円(税込み)


画像診断体制


画像診断は放射線診断専門医と脳神経外科専門医の2名で行います。

その他のオプション