診療内容


外来診療


 脳神経外科は脳・脊髄・末梢神経疾患を対象とする診療科です。脳神経外科というと手術をするようなイメージですが、当院では皮膚の縫合等は行いますが手術は行いません。脳神経外科の主な症状は頭痛、麻痺、しびれ、もの忘れ・認知症、転びやすくなったなどです。頭痛・めまい・しびれ・ふらつき・物忘れなどの症状は、脳腫瘍や脳血管障害(クモ膜下出血、脳内出血、脳梗塞等)などの脳の病気が原因である場合があります。最新MRIを用いて経験豊富な脳神経外科専門医が病気を診断し、適切な治療を提供いたします。

 

 外科的治療(手術)が必要な場合や入院加療が必要な場合は当院の連携医療機関に紹介させていただきます。

内科的疾患も行っております。風邪や高血圧、高脂血症、糖尿病などのいわゆる生活習慣病の管理等も行っております。
生活習慣病は動脈硬化を進行させ、脳卒中のリスクを高めます。当院では採血検査やMRIやレントゲンなどの画像結果をもとに、動脈硬化の程度を把握し治療を行っていきます。

受診の際には必ず保険証をご持参ください。

連携医療機関


 NTT関東病院

北里大学北里研究所病院
関東中央病院
済生会中央病院
順天堂大学医学部付属順天堂医院
昭和大学病院
東急病院
東京医療センター
東邦大学医療センター大橋病院
日本赤十字社医療センター       (あいうえお順) など