睡眠時無呼吸症候群・いびき外来


「いびきがうるさい」、「眠っても寝た気がしない・疲れが取れない」、「昼間とても眠い」、「生あくびをよくかく」、「ふとした瞬間に寝入ってしまう」など思い当たる方は要注意です。もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群という病気かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群とは


睡眠時無呼吸症候群(SAS;Sleep Apnea Syndrome)の定義は「一晩7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる」か「睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上の場合」とされています。 睡眠中に呼吸が止まるような事態が繰り返されると、体に取り込まれる酸素の量が少なくなり、体に負担がかかり、高血圧、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、糖尿病、脳卒中などを合併する可能性が高くなります。 さらに日中に眠くなり活動が低下し、勤務中・学習中の集中力の低下や眠気による交通事故等の過失を引き起こすなど、社会生活にも影響を及ぼすようになります。

 

原因


・肥満であごや首に脂肪がついている

・アデノイド(扁桃腺)が肥大している

・花粉症やアレルギー

・アゴが小さい

診断フローチャート


恩田メディカルプラザでは以下のプロセスで診断を行っていきます。

 

①気道を閉塞する病変がないかMRIを使用し確認します。

 

②睡眠時ポリグラフィ検査を行います。睡眠時ポリグラフィ検査は自宅で行う簡易検査で 口と鼻に呼吸センサーを付け、指に体内の酸素濃度を調べるセンサーを取付けで検査します。これで無呼吸低呼吸指数(AHI)を見ます。

 

③睡眠時ポリグラフィ検査の結果、SASと診断された場合CPAPという治療を開始します。

治療


CPAP(シーパップ)

CPAP療法とは、鼻マスクをつけ、枕元においた小型機械から鼻を介して気道に空気を送り込み、閉塞した気道を開放してあげるものです。AHIが40以上の方は健康保険が適応されます。以前のCPAPに比べだいぶスタイリッシュになっており、日常でも抵抗なくご使用いただける機器も増えております。 CPAPによる治療中の方は月1回外来にてその使用状況などをチェックします。  

 

他院からの継続加療に関して


今まで通っているクリニックが遠いなどでCPAPを継続治療をしたい方はぜひご相談ください。

当院あての紹介状を持参いただけるようでしたらご持参ください。もちろんご陣されなくても結構です。紹介状をご用意いただける場合には睡眠時ポリグラフ検査でのAHIの値とその検査日を明記いただければ幸いです。