禁煙外来

思った以上にすんなりやめられています


喫煙は肺がんをはじめ、様々な疾患を引き起こす要因のひとつです。「タバコをやめよう」と思ってもニコチン依存や心理的な依存のため簡単に禁煙はできません。なかなか喫煙をやめられない方のために恩田メディカルプラザでは、内服薬による禁煙治療を行っています。 禁煙に対する意志や禁煙してみようとお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

保険適応条件


  1. ニコチン依存症を判定する問診テスト(スクリーニングテスト)で、ニコチン依存症と診断された方
  2. 35歳以上の方はブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
  3. ※35歳未満の方はブリンクマン指数に関係なく禁煙治療ができます。
  4. 直ちに禁煙することを希望している方

「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意していただいた方

以前に禁煙外来を行なって中止した方は、その初診から1年が経過していること。

禁煙方法


  1. チャンピックス
    ニコチンを含まない飲み薬です。

    ニコチンが切れてイライラする症状を軽減するほかに「タバコの味がマズイ」と感じるようになります。ニコチンパッチと異なり、飲み薬ですので、肌の弱い方も使用しやすい薬です。また、その一方で内服による副作用にも十分注意しなければなりません。運動等重要な機械操作は禁じられておりますことをご留意下さい。

    ※ チャンピックスは12週間に5回の診療を受診していき、禁煙外来は終了致します。したがって、初診時から12週を超えた場合は保険適用によるチャンピックスの処方はできません。

  2. ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)
    1日1回、上腕・腹部・背中等に貼り、タバコの代わりにニコチンを補給することで、タバコを吸わない時におこるイライラなど、ニコチン切れ症状を緩和する貼り薬です。※ 保険適用によるニコチネルTTSの処方は10週間以内と定められています。そのため、初診時から10週を超えた場合、保険適用によるニコチネルTTSの処方はできません。

費用


「病院の禁煙外来は、費用が高いのでは」と、心配している人はいませんか?自己負担が3割の人は、使用する薬にもよりますが、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度です。

 

医師のサポートを受けながら禁煙を続けられて、しかも自己負担も軽いのであれば、禁煙外来に行くメリットは大きいといえます。