頭痛外来


頭痛はみなが経験する症状です。頭痛と一言で言っても、種類も多数あります。  

 

頭痛を起こす怖い病気の代表的なものにはくも膜下出血や脳腫瘍などがあります。


生命を脅かすような頭痛ではないことを確認することが頭痛診療のはじめの一歩です。当院では脳の異常があるかどうかをまずMRI検査(保険診療)を用いて確認させていただきます。


頭痛診療はMRI画像から始まる、これが三軒茶屋(三茶)スタイルの頭痛外来です。

 

頭痛の種類


  1. 一次性頭痛
    片頭痛
    筋緊張性頭痛
    三叉神経・自律神経性頭痛(いわゆる群発性頭痛)
    その他の一次性頭痛
  2. 二次性頭痛
    頭部外傷・障害によるもの頭痛
    頭頚部血管障害による頭痛
    非血管性頭蓋内疾患による頭痛
    物質またはその離脱による頭痛
    感染症による頭痛
    ホメオスターシス障害による頭痛
    精神疾患による頭痛
    頭頚部・顔面にある解剖学的な構成組織障害による頭痛
  3. 有痛性脳神経ニューロパチー、他の顔面痛及びその他の頭痛
    その他の頭痛性疾患

国際頭痛分類第3版beta版をもとに当院で作成

 

危険な頭痛のサイン


特に以下のようなことが起きた際には早めの受診をご検討下さい。

・急な今まで経験したことない激しい頭痛

・意識障害がある、意識がもうろうとする

・頭痛とともに手足などがしびれる、動かない

・けいれんを伴う

当院の頭痛治療方針


頭痛診療の第一はまず頭蓋内病変の検索から始まります。当院では頭部MRI(保険診療)にて精密検査を行います。

脳の画像をもとに的確に診断し、患者さんそれぞれに合った治療計画を一緒に検討し立ててまいります。

 

外科的治療が必要であれば連携医療機関へご紹介・搬送いたします。

頭痛日記(頭痛ダイアリー)


頭痛日記(頭痛ダイアリー)があると、診断の助けになりますので可能でしたら以下からダウンロードし、記載し診察にいらしてください。

ダウンロード
頭痛日記(頭痛ダイアリー)
頭痛日記(頭痛ダイアリー)
headache diary.pdf
PDFファイル 652.5 KB

群発頭痛の治療:高濃度酸素療法


頭痛発作が生じたときに、酸素マスクをして高流量の酸素を10分以上吸入する治療があります。これを行なうと、頭痛が軽減します。

当院では高濃度酸素療法をお試しいただけます。