Webサイト移設作業中です。見えにくい箇所がある場合がございますが、ご了承ください。

婦人科がんの早期発見・女性不妊の評価に

以前は、がんと言えば50代以降に発症するものと考えられていました。
しかし、最近では20代、30代の若い方々にもがんのニュースが増えています。特に女性特有のがんについて関心が高まっていますが、その中でも特に卵巣がんについて知っていただきたいと思います。

卵巣がんは通常40代から60代に多く見られますが、最近では若い方々にも発症することが増えています。
卵巣がんの初期症状はほとんどなく、発見された時にはかなり進行していることが多いです。

卵巣がんのリスクが高い方には

  1. 近親者に卵巣がんにかかった人がいる
  2. 出産歴がない
  3. 未婚である
  4. 初経が早い

などの特徴があります。

卵巣がんは早期発見が非常に重要です。
手術による治療が可能な場合も多いですが、進行が早く、腹膜播種を引き起こしやすいため、症状が出た時には既に進行していることが少なくありません。

症状がないうちに検査を受けたいとお考えの方には、レディースMRIドックをお勧めします。
当院では内診は行わず、MRI画像に基づいて病気が疑われる場合には高度専門医療機関へご紹介いたします。

当院での症例

子宮筋腫

子宮筋腫のMRI写真

卵巣奇形嚢腫

卵巣奇形嚢腫のMRI写真

 

レディースMRIドックの流れ

  1. ご来院・受付
    ご本人確認を行いますので、必ず身分証(保険証、運転免許証など)をお持ちください。
  2. 準備
    ズボンやスカートにファスナーなどの金属製の物がある場合、お着替えをお願いしております。
    着ているものやお荷物は当院ロッカーをご利用ください。
    MRIは電磁波を発生しますので、電子機器等は持ち込めません
    金属類をMRI室内に持ち込み、生じたことに関してはクリニックは責任を取れませんのでご了承下さい。
  3. 検査
  4. ご帰宅
  5. 検査結果
    後日(1週間程度)、放射線診断専門医による読影レポートがご自宅へ郵送されます。

費用

33,000円(税込) 現金、クレジットカード、せたペイでお支払いいただけます。

診察メニュー